スピルオーバーとは【キュービテック】

 

この記事では『スピルオーバー』について解説します。

キュービテックへの登録がまだの方は下のリンクから登録を済ませておきましょう。

 

 

スピルオーバーとは

 

簡単に言えば『自分の上にいる人(親)の紹介者』です。

 

『私のネットワーク』のページで下の画像のような場所があります。

形はそれぞれですが、一番上が自分のことでそこから右下・左下へ続いていきます。

この右下・左下に伸びているものをキュービテックでは『バイナリ脚』と呼び、紹介URLから登録を行ったユーザーがバイナリ脚へ追加されます。

 

登録して直ぐの頃に「キュービテックを紹介した覚えがないのに既に自分の下にユーザーがいたよ」

または登録して数日経ってから「キュービテックを紹介した覚えがないのに既に自分の下にユーザーがいたよ」

という現象が起こると思います。

これが『スピルオーバー』です。

 

スピルオーバーはあなたの上にいる方(親)が作成したURLから、あなたと同じように登録した人があなたの下に付く現象をいいます。

 

スピルオーバーのメリット

次の画像の丸で囲まれたユーザー(~丸さんと呼称:赤い丸は赤丸さん)に着目してみましょう。

赤丸さん、黄丸さん、青丸さんは、緑丸さんが生成した左バイナリ脚へ追加する紹介URLから登録しました。

もちろん青丸さんの左バイナリ脚はこの先もずっと続いていきます。

 

するとどうでしょう。

 

1.赤丸さん、黄丸さん、青丸さんは右バイナリ脚へユーザーを追加しまくる。

2.1で追加されたユーザーは、左バイナリ脚へユーザーを追加しまくる。

3.2で追加されたユーザーは右バイナリ脚へユーザーを追加しまくる。

というようにドンドン枝分かれが増えていくことになります。

 

このように、自分の上にいる人(親)と反対方向へ伸ばせばいいことなります。

 

さらに、スピルオーバーにより降って来たユーザーが課金することによって、

バイナリボーナスの増加

が期待できます。

 

 

最新情報をチェックしよう!

用語説明の最新記事8件