おすすめの出金のタイミング

 

再投資できるぐらいテザー(USDT)が貯まったけど、「再投資した方がいい?」それとも「ビットコインに変換した方がいい?」という方向けにこの記事では出金のタイミングについてまとめています。

登録がまだの方は下のリンクから登録を済ませておきましょう。

 

結論を言うと出金タイミングは、『テザーの価値が上がった時』または『ビットコイン(イーサリアム)の価値が下がった時』です。

 

キュービテックで投資する際、『円』→『仮想通貨(ビットコインまたはイーサリアム)』→『テザー』という流れで資金を交換して始めました。

そもそも仮想通貨には『レート』があり常にその価値が変動しています。

円を使ってBTCを買う場合を例に考えてみましょう。

例えば上の画像では、BTCの相場はおおよそ1BTC=1125000円ぐらいで推移していると読み取ることができます。

では1BTCを買うタイミングは次のうちいつが良いでしょうか。

A.1BTC=1175000円のとき

B.1BTC=1125000円のとき

C.1BTC=1075000円のとき

答えはもちろん、Cの1BTC=1075000円の時です。

同じ量を買うなら安い時の方が良いですよね。

 

では逆に、BTCを売るタイミングは次のうちいつが良いでしょうか。

D.1BTC=1175000円のとき

E.1BTC=1125000円のとき

F.1BTC=1075000円のとき

答えはもちろん、Dの1BTC=1175000円の時です。

同じ量を売るなら高い時の方が良いですよね。

 

念のために上の例を使って計算例を示しておきます。

【売値 ― 買価で利益を算出】

A×Dのとき、1175000 - 1175000 = 0

A×Eのとき、1125000 - 1175000 = ―50000

A×Fのとき、1075000 - 1175000 = ―100000

 

B×Dのとき、1175000 - 1125000 = 50000

B×Eのとき、1125000 - 1125000 = 0

B×Fのとき、1075000 - 1125000 = ―50000

 

C×Dのとき、1175000 - 1075000 = 100000

C×Eのとき、1125000 - 1075000 = 50000

C×Fのとき、1075000 - 1075000 = 0

 

このように、『安い時に買って高い時に売る』のが一番利益が出ることが確認できます。

これは仮想通貨同士の取引でも同様です。

キュービテックの『USDT』を『円』に戻すときには『USDT』→『仮想通貨(ビットコインまたはイーサリアム)』→『円』という流れを辿りますが、

USDTは、USDTの価値が高い時または相対的に仮想通貨(ビットコインまたはイーサリアム)の価値が低い時に売ると多くの仮想通貨を得ることができますね。

また、仮想通貨は価値が高い時に売ると多くの『円』が手に入れることができます。

 

よくわからない人は、『持っているものの資産価値が高い時に売る』のが一番利益が出ることだけおさえておけばいいでしょう。

 

とはいえ出金するか再投資をするかは自由なので、これはあくまで初歩的な理論であることを念頭に置いて自分で判断するようにしましょう。

最新情報をチェックしよう!